INTERVIEW -社員インタビュー-
先輩社員に聞く!
リプロテックって、どんな会社?
社員インタビュー
環境事業部
松村信昭さん
毎日、うちに帰れるのが魅力です
食品製造会社で毎日発生する食品ロスを、自社の持つ大型トラックで回収してくるのが私の仕事です。大型トラックのドライバーはなかなか家に帰れないケースもあると思いますが、この会社では主に県内を回るので、その日のうちに家に帰れるのが魅力ですね。家族と過ごす時間を大切にできるのはもちろん、趣味に没頭する時間も作れますよ!
アグリ事業部
内田友理さん
新卒入社してすぐ、新規事業立ち上げに携わりました
高校・大学で農業を学び、新卒入社でアグリ事業部の立ち上げから携わって2年目。自社農場でワイン用のブドウを苗から育てています。毎日お世話をするブドウは、まるでわが子のよう……休みでも畑が気になります(笑)。夏場は草退治が少し大変ですが、残業はほぼありませんよ。目標は来年夏の初収穫! ワインが出来たら、皆で乾杯したいですね。
品質管理・研究開発部
登坂仁美さん
新しいことに挑戦する毎日です
入社2年目。品質管理・研究開発部は、生物工学科卒の私の入社に合わせて出来た部署なんです。毎日、半日ほどかけて場内のすべての製造工程を目視で確認することとあわせ、培養土などの商品を研究開発するのも私の仕事。新しいことに挑戦し続けられるので、きっと長く勤められると思います。まだ新米ですが、今後は後輩を育てられるように頑張ります!
営業部
飯田明宏さん
目標とする社員を目指して奮闘中
ブライダル関係の会社からの中途採用で、入社してから3年ほどはドライバーとして食品ロスを回収していました。営業職になってからまだ2カ月半くらいですが、部内の先輩をはじめ、会社のみんながバックアップしてくれるので心強いです。実は、社内に目標とする社員がいまして。身近なところに目指す人がいると、モチベーションが違ってきますよ。
肥料事業部
石田真さん
休日も、マーケティング三昧なんです(笑)
食品ロスを発酵させた有機肥料を作っています。発酵という見えない相手と手探り状態で戦い続け、4年が経った今年、ようやく納得のいく肥料を作れるように。休みの日はほとんど外出していますが、肥料が売られていると材料や価格帯を調べてしまったり、大きな飲食店では食品ロスが気になったり、ついマーケティングしちゃいますね(笑)。常に勉強です。
飼料事業部
石田仁さん
求む!色んな発想を持った元気な新人
飼料工場の工場長をしています。お客様から「今までより肉質が良くなったよ」と言ってもらえると、とても嬉しいですね。仕事終わりに自宅で晩酌をするのが日課なんですが、現場は24時間体制で稼働しているので、何かあれば夜中でもかけつけます。新規採用するなら、色んな発想を持ち、上司が言ったことに反発するくらい元気な人がいいですね(笑)。
総務部
前野裕美さん
アットホームで働きやすい職場です
中途採用でこの会社に入り、10年間ずっと総務一筋。社内の雰囲気はアットホームで、上司にも相談しやすいので、とても働きやすいです。職務はブドウの栽培から飼料や肥料の研究開発・製造・運搬まで多岐にわたるため、部署間のコミュニケーションはとても重要になります。そのため、明るくて臨機応変に対応できる人に入って来てほしいですね。
〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山1204-115
 TEL.027-288-5181
© REPROTEC Inc.